Works / 業績

学術論文

  1. 横井桃子・吉村英, 2010, 「宗教が青年期の意識構造に与える影響」, 『京都女子大学発達教育学部紀要』6: 81-90.
  2. 横井桃子, 2012, 「はたらきかたと役割受容感――住職と坊守の寺院活動」, 『宗教と社会』18: 35-48.(査読あり)
  3. 横井桃子・川端亮, 2013, 「宗教性の測定――国際比較研究を目指して」, 『宗教と社会』19: 79-95.(査読あり)
  4. 真鍋一史・川端亮・横井桃子, 2014, 「日本とドイツの宗教意識の比較分析」, 『青山総合文化政策学』6(1): 29-55.(査読あり)
  5. 横井桃子, 2018, 「ハワイ社会における開教使夫婦の役割の変容――日系宗教の教団制度のアメリカ化に着目して」, 『大阪大学大学院人間科学研究科紀要』44: 101-119.
  6. 横井桃子, 2020, 「宗教を測る――宗教性研究の課題と展望」, 『名古屋大学社会学論集』40: 174-193.
  7. 横井桃子・川端亮, 2020, 「宗教は文化活動を支えるか?――SSP2015調査データによる実証研究」, 『社会と調査』24: 53-63.(査読あり)
  8. 横井桃子, 2021, 「日本人の宗教性の構造――『宗教的な心』を用いた検討」, 『名古屋大学社会学論集』41: 88-116.

書籍

  1. 横井桃子, 2016, 「坊守がつなぐ地域――寺院は女性で支えられる」, 櫻井義秀・川又俊則 編『人口減少社会と寺院――ソーシャル・キャピタルの視座から』 法藏館, 361-388.
  2. 横井桃子, 2019, 「越境する寺族女性たち――日本とハワイの調査から」, 那須英勝・本多彩・碧海寿広 編『現代日本の仏教と女性――文化の越境とジェンダー』 法藏館, 79-111.

報告書

  1. 稲場圭信・三谷はるよ・横井桃子, 2011, 「被災地における宗教施設・宗教者の災害救援活動の調査報告 写真入り詳細版(2011年8月18日)」, 大阪大学大学院人間科学研究科 平成23年度ヒューマンサイエンス・プロジェクト「コミュニティ復興の人間科学」.
  2. 稲場圭信・三谷はるよ・横井桃子・澤田朋弥, 2011,「被災地における宗教施設・宗教者の災害救援活動の調査報告 写真入り詳細版(2011年10月21日)」, 大阪大学大学院人間科学研究科 平成23年度ヒューマンサイエンス・プロジェクト「コミュニティ復興の人間科学」.
  3. 稲場圭信・三谷はるよ・横井桃子, 2012, 「被災地における宗教施設・宗教者の災害救援活動の調査報告 写真入り詳細版(2012年3月19日)」, 大阪大学大学院人間科学研究科 平成23年度ヒューマンサイエンス・プロジェクト「コミュニティ復興の人間科学」.
  4. 猪瀬優理・猪瀬ゼミ・横井桃子・井田千明, 2013, 「浄土真宗本願寺派寺院と地域~広島と福井を訪ねて~(2012年度社会調査実習猪瀬班報告書)」, 龍谷大学社会学部社会学科.
  5. 藤丸智雄・横井桃子, 2016, 「離郷門信徒アンケートの報告①「離郷門信徒のつどい」の可能性」, 『宗報』2016年11・12月合併号, 58-61.
  6. 横井桃子・藤丸智雄, 2017, 「離郷門信徒アンケートの報告② 離郷門信徒のつどい主催者アンケート報告書」,『宗報』2017年1月号, 68-75.
  7. 横井桃子・松本渉・杉浦翔, 2018, 「高槻市と関西大学による市民意識調査報告書――平成29年度」, 高槻市・関西大学総合情報学部.

発表

  1. 横井桃子, 「寺院従事者の役割受容感の規定要因を探る――浄土真宗本願寺派寺院への量的調査から」, 第75回日本心理学会大会, 於日本大学, 2011年9月16日.
  2. 横井桃子・川端亮, 「「『宗教的な心』は大切である」はたいせつか?」, SSPプロジェクト第4回研究会(統計数理研究所共同利用研究公開研究会), 於統計数理研究所, 2012年2月24日.
  3. 横井桃子・川端亮, 「宗教的変数「『宗教的な心』は大切である」の有効性」, 第20回「宗教と社会」学会大会, 於長崎国際大学, 2012年6月17日.
  4. 横井桃子, 「真宗寺院の住職家族がもつ役割とソーシャル・キャピタル」, 第72回日本宗教学会大会, 於國學院大學, 2013年9月8日.
  5. 横井桃子, 「ハワイ社会における日系仏教寺院の活動――開教使家族に着目して」, 平成25年度大学院生調査研究助成(第一次)成果報告会, 於大阪大学, 2014年3月8日.
  6. Momoko YOKOI, "The Measurement of Japanese Religiosity: From the Perspective of 'Procedural Equivalence,'" Conference on Changing Religious Landscape in Contemporary East Asia, Hong Kong Baptist University, July 11th, 2017.
  7. 横井桃子, 「文化活動の規定要因としての宗教性――社会調査データによる社会学的検討」, 第5回南山宗教研究会, 於南山宗教文化研究所, 2017年10月6日.
  8. Momoko YOKOI, "The Past, Present and Future of Religious Measurement Studies," A Comparative Study of Measuring Religiosity in Korea and Japan, Nanzan University, January 10th, 2018.
  9. 横井桃子・川端亮, 「宗教性が文化活動に与える影響――SSP2015調査データによる実証研究」, 第65回数理社会学会大会, 於成蹊大学, 2018年3月15日.
  10. 横井桃子, 「国際比較から考える仏教とジェンダー――寺族女性の役割意識」, 宗教とジェンダー研究の最前線Ⅱ, 於南山宗教文化研究所, 2019年6月27日.
  11. 横井桃子, 「仏教寺院と地域コミュニティ――僧侶夫婦の社会貢献」, 第116回地域・調査研究会, 於名古屋大学, 2019年7月5日.

講演・アウトリーチ活動

  1. 横井桃子, 「地域におけるお寺の活動――お寺の家族の力」, 『浄土真宗本願寺派奈良教区寺族女性研修会』, 於浄土真宗本願寺派奈良教区奈良教堂, 2013年8月23日.
  2. 横井桃子, 「地域にいきる女性」, 『多文化共生社会における日本仏教の課題と展望第3回ワークショップ「現代真宗とジェンダー-教団・寺院・女性-」』, 於龍谷大学, 2016年10月27日.

研究費助成等

  1. 横井桃子, 2013, 卓越した大学院拠点形成支援補助金「コンフリクトの人文学国際研究教育拠点」平成25年度大学院生調査研究助成.
  2. 横井桃子, 2019, 日本学術振興会科学研究費補助金(研究活動スタート支援) 研究代表者.
    研究課題名「日本社会における移民宗教の受容プロセスへのジェンダーの影響の解明」(研究期間:2019年8月-2021年3月)

学位論文

  1. 横井桃子, 2011, 「真宗寺院における住職と坊守の役割と意識構造」, 京都女子大学大学院発達教育学研究科修士論文.
  2. 横井桃子, 2017, 「日本とハワイの寺族女性」, 大阪大学大学院人間科学研究科博士論文.

その他

  1. 横井桃子, 2011, 「北川順也著『お寺が救う無縁社会』」, 『宗教と社会貢献』1(2): 123-126.(書評)
  2. 横井桃子, 2017, 「男女ともに心豊かに生きる」, 『中央仏教学院通信教育部「学びの友」』45(8): 8-9.(寄稿)
  3. 横井桃子, 2019, 「寺族女性と過疎地域寺院――ジェンダー平等な社会を目指して」, 『中外日報』2019年(令和元年)10月25日発行 8面.(寄稿)
  4. 横井桃子, 2020, 「大谷栄一編著『ともに生きる仏教――お寺の社会活動最前線』」, 『宗教と社会』26: 117.(ブックレビュー)
  5. 横井桃子, 2020, 「「環境」としての宗教のおもしろさ」, 名古屋大学大学院環境学研究科ウェブサイト内『環境学と私』2020年7月号.(寄稿)
  6. 横井桃子, 2021, 「真鍋一史著『宗教意識の国際比較――質問紙調査のデータ分析』」, 『宗教と社会』27: 156-159.(書評)
  7. 横井桃子, 2021, 「教団女性たちのリアリティを描く――ジェンダーと宗教の実証研究」, 名古屋大学ジェンダー・リサーチ・ライブラリ『GRL Studies』3: 56-59.(寄稿)

投稿日:

Copyright© Momoko YOKOI , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.